SRP 資金 本部です。

日本の企業育成資金で受け取れる金額というものはルールがあります。

本来なら SRP における開発援助 プログラムというのは 開発援助 プログラムに参加したい 申請者自身が自らの取引銀行でスタンバイ LC を発行しそれを プラットフォームに送らなければいけないのですが 日本の場合は 企業育成資金の資金 本部がその業務の一切を引き受けて行っていただけますので 申請者自身が何らかの経済的な出資 や投資をする必要は全くありません。

これは日本国の持っている資産を担保にし スタンバイ LC を発行し 資金を提供するというプログラムになりますので 申請者自身の個人的な資産が活用されることは地裁 ありません しまた 所属する企業の資産がブロックされたり 活用されることはありません。

ではどの程度の資金が導入されるのかと申し上げますと東証 プライム 資本金100億円以上の企業の場合は 資本金の100倍と決まっておりますので 例えば 資本金が300億円の東証 プライム企業の場合ですと 3兆円の資金が提供されることになります。

銀行や信用金庫に関しても資金は導入されます。

銀行や信用金庫に関しては 金融機関の預金高 が 計算するベースとなりますので 預金高 の3倍から5倍というルールが決まっております。

例えば 預金高 が2兆円の銀行 だったとすれば 導入される資金は 6 兆円から10兆円ということになりますが。最近は最大10兆円というレベルでの資金導入されるケースが増えています。

導入される金額については これは面談時に資金 本部の担当官によって 詳細は 説明はされますが 基本的な計算の概念としては 東証 プライム企業は資本金の100倍 そして銀行や信用金庫の場合は 預金高 の3倍から5倍というのが 標準になっております。

この資金に関しては誰が提供するのですか ということをよく聞かれるのですが これは誰かの個人的な所有物ではありません 日本銀行で日本円を発行してそれをお客様の指定銀行の銀行口座に入金しています。

指定銀行に関しては 資金 本部の方で指定はしておりますので実際に面談を受ける前にご確認ください。