👆マネーサプライについて音声解説:借金の伴う資金と、借金を伴わない資金 という世界

企業育成資金を語る上で中央銀行が行っているマネーサプライのことについて理解をしなければいけません。

日本における中央銀行というのは 日本銀行になりますが 日本銀行が資金を市場に供給していることは 皆さんご存知ですがこれは民間からの借り入れ もしくは政府が国債を発行し 国債を売却することによって L 収入というのは これらの資金は全て 借金となります。

つまり 中央銀行が発行する資金というものは 期限は 短期 中期 長期と 返済の時期は色々とありますが いずれにしろいつかは 中央銀行 つまり 日本銀行に返済しなければいけない資金を市場に投入しています。

経済規模が大きくなれば当然中央銀行 つまり 日本銀行が市場に流通させる 資金量は増えるわけですが現在もなお 金融緩和によって低金利政策で市場に資金はどんどん 放出はしていますが これらの資金は全て 借り換え 事業における 借金を雪だるま式に増やしているという現状で借金が減るという方向性には全く向かっていません。

つまり 日本銀行が資金を提供しているのは民間及び政府が 日銀から借り入れをしているということになりますので借金は増えていくわけです。

この問題を解決するには借金を伴わない資金を日本国外から 投入する以外 方法がなくなります。

この問題を解決することがつまり SRP 米国財務省 登録資産による運用プログラムから得る収益によってその資金を日本国内に投入することで借金を伴わない資金を流通させることができます。

企業育成資金の最大の目的は市場にマネーサプライ として借金を伴わない資金を導入することです。

よってその案件に参加するには SRP の運用プログラムに参加しなければいけませんが SRP の運用プログラムに参加するには 高いハードルが設けられています。

つまりこのハードルをクリアするには日本国の外貨準備高 などの積立金の担保力を利用し SRP が行っている sblc の収益化プログラムによる運用プログラムに参加することができます。

その運用プログラムに参加することができる条件を決めているのが これが 企業育成資金における東証 プライム 資本金100億円以上 銀行及び信用金庫の預金高 1500億円以上の代表権のある社員 日本国籍を有していること の条件を満たした方が申請をすれば日本国の外貨準備高 などの担保力を利用し 日本銀行で sblc を発行し SRP の運用プログラムに参加することができます。

そのことによって外貨収入を得ることができ 借金を伴わない資金として日本国内に資金を投入することができます これは 外貨 収益ですから貿易黒字になったということと同じ意味になりますので 開発援助 プログラムにおける資金の投入というのは 貿易法に関係しています。

現在日本では長年行った 金融緩和のために多額の借金が日本国内市場に流通しておりますので この借金返済 問題が非常に課題となっておりますが それを唯一解決できるのが SRP が行っている運用プログラムからの資金提供 プログラム となりますので このプログラムを最大限に活用し 日本国の借金を肩代わりする仕組みを構築するべきだというのが最も重要な課題であると述べさせていただきます。