企業育成資金の仕組みについては 上記に記載している通りです。

これは目的は国家におけるマネーサプライ ということになります。

マネーサプライ というのはこれは 通貨供給量を増やすということを目的にこの仕組みは存在しています。

つまり 借金を伴わない資金を市場に投入する際に企業育成資金が行っている仕組み 償還金の仕組みを使い資金を市場に投入しています。

 

申請者が受け取る 巨額な資金については これは日本銀行における短期借り入れによって調達される資金となります。

隠さず言えば これは 短期借入 という 借金をすることによって資金は導入されます。

そのことについて驚かないでください ただ 借金というものは返す 見込みがない 借金というのは非常に苦痛ですか 余裕で返せることができる 借金というのは頭は痛くありません。

この制度というのは借金をすると同時に運用プログラムにも参加するということで 日本銀行から短期借り入れで借りた 資金は運用プログラムの運用益から返済することになります。

もしお金を借りた 申請者自身が自分の努力によって借金を返済するとなれば これはとても返せる金額ではありませんなぜならば 数兆円や数 10兆円という単位の資金を日本銀行から短期借り入れをするわけですから 1年間で償還してくださいと言われてもできるはずがありません。

その問題をクリアするのが これは 米国財務省の登録資産である SRP つまり ソブリン ロイヤル ポートフォリオの資産を使った運用プログラムに参加することによってこの問題を解決できます。

SRP が提供する運用プログラムは日本銀行で日本政府が持つ 外貨準備高の積立金を担保力とし sblc を発行することによって SRP の運用プログラムに参加することができます。

この sblc の運用プログラムは1年間で満期 プログラム となりますので 運用期間は1年間で満額の資金が必ず資金が提供されます。

この SRP から 資金提供された財源を 使い 日本銀行から申請者が 短期借り入れした資金を返済することによって自動的に資金の返済が完了することになります。

このプログラムは日本銀行から短期借り入れで多額の資金を借り入れたが結果は SRP の運用プログラムによって自動召喚されたということになり ご本人は全く 負担がなく 資金を活用することができたということになります。

これは1年間で行われるプログラム となりますので 申請者は申請した時点で SRP の運用プログラムに参加するために必要な書類を提出します。

これが 名刺 会社案内 身分証明書 銀行口座情報などです。CIS KYCの情報です。

この情報を提供することにより 米国財務省の登録資産である SRP の運用プログラムに参加することができ 参加することが決定した時点で日本銀行から短期借り入れをして資金を本人が指定する都市銀行 MS の 決済用普通預金口座に資金を振り込みます。

作業に関しては 日本銀行の借入ということ と日本銀行のオペレーターがsblc の運用プログラムを手配はしますが 日本銀行では申請者 個人の銀行口座を開設することができませんので 指定都市銀行 MS 銀行の決済用普通預金口座に日本銀行から送金することによって資金を受け取ることができます。

つまり これは国家にとって借金の伴わない資金 つまり SRP の運用プログラムによって外貨 収益を得るわけですから日本銀行から日本円で 短期借り入れは起こしますが最終的には 外貨 つまり ユーロでの資金調達が可能となりますので 日本銀行で借り入れた資金は自動的に償還され、借金ではない資金 となり 日本国にとっても外貨収入になるという 一挙両得の案件 となります。

 

つまり これは 外貨収入を上げるということ と 日本国内におけるマネーサプライを増やすということ の両方面での意味があり 現在日本国では多額の借金をしている状況でありますので 日本国としてのマネーサプライの供給量を増やさなければいけないという重要な課題があります。

今、皆さんの生活に対して財務省は増税などを日本国民に押し付けようとしておりますが これは全て 政府が作った借金の問題を返済が難しいから 国民に返してくださいとお願いしているので 増税になっています。

中央銀行の仕組みというのは これはマネーサプライをすることはできてもその反面は全て借金です。

つまり いつかは返さないといけない 借金を借り換えているだけです。

そしてその借金が雪だるま式に大きくなり 現在 返すのが非常に厳しい状況になっているので 国民負担を大きくするということになっているわけです。

 

しかし 市場経済を大きくしていく上で中央銀行が通貨供給量を増やすために借金としての資金をどんどん市場に投入するのは当然のことです。

ただそれが行き過ぎると結果 国民が この資金を返すことができなくなるという問題点に差し掛かり 経済の崩壊というものが起こります。

なぜ経済というものは周期のように 波打っているのでしょうか。

理由は 中央銀行に借りる資金の返済 時期の周期によって経済の浮き沈みが変わります。

ただ 大きな 周期 小さな周期というものがあり 特に100年に一度ぐらいある大きな周期というものは これは最終的には戦争などが起こらない限り この問題は解決しないと言われています。つまり 通貨 リセットということです。

そのようなことは 中央銀行 システムでは普通に分かっていることですから その問題を避けるために マネーサプライを行う業務というのが重要になるわけです。

借金でない資金を市場に導入することによって市場にできすぎた借金を肩代わりするという業務です。

このことを行わない限り 日本経済の復興はありえませんし 国民の負担は増大し社会は安定しない状況に陥ることになりますですから 今 説明しているマネーサプライの問題というのは これは国民が協力をして解決しなければいけない重要な課題となります。