SRP 資金 本部です。

企業育成資金についての説明を本ブログでは行っております これは 米国財務省 資産 SRP から提供される日本国内向けの ODA 開発援助 プログラム となります。

企業育成資金について調べると多くの方が引っかかるのが これは日本政府が行っているものですか という質問されるのですが全く違います 。

これは SRP と言われる米国財務省が監査をしている資産で国連 設立時にアジア 王族 グループから寄付された財源が基礎財源となっております。

当然 アジア 王族 グループからの寄付 財源 ということになりますので 日本の天皇家などの資産も含まれており 日本からの寄付 財源としては全体の約30%ほどあったのではないかと言われていますが 一説には約60%という説もあります。

この SRP に関する資産に関しては 詳細のデータは公開はされておりませんが 資産 全体としてのスケールは国連に対する報告書で書かれております。

1341万トンのゴールドというのが SRP における財源となっておりますが これはアジア 王族 グループからの寄付 財源及び日本軍が昔 フィリピンに保管されたという 山下 逮捕 海外では マルコスの金塊 などと言われていますが そのような財源も含まれて全て合わせて SRP ソブリン ロイヤル ポートフォリオ の管理 資産として米国財務省に登録されています。

これらのゴールドに関して資金を作る方法としては 米国国務省において UCC 統一商法の登録を行い その後 そのデータをもとに 欧州のプライマリーバンクによって ユーロを発行し その資金を世界各国の開発援助 プログラムの資金として提供しています。

当然 日本の企業育成資金に関してもこの SRP からの資金提供 ということになり 簡単に言えば アジア 王族 グループからの寄付 財源による資金提供 という風になり それを 日本的に言えば 天皇の資金などと言われる所以になっております。

しかしこれに関しては 第二次世界大戦後 全てアジア 王族 グループからの寄付 財源は 国連の銀行 システムである 世界銀行 IMF を設立する際に投入された 寄付 財源であり その財源に関しては すでに日本の所有物というものではなくなっており 国際的に寄付された財源として世界の開発プログラムに活用するとなっています。

よってこの SRP からの財源を用いて 現在日本の企業育成資金が行われております。

これは日本政府が行っているものではなく SRP と言われる 寄付 財源をベースに米国財務省が登録をし 監査をして行っている案件になりその業務は国際的 非営利団体によって資金が提供されています。