NGOを設立する意味は、十分にある。

かつては、基幹産業育成資金、現在では、企業育成資金と言われる資金についての説明を随分してきました。すなわち、特殊な送金案件であるということは、本ブログの読者は理解をしたと思います。

さて、ただ、資金があるから受取人としての名義貸してくれませんか?と言っても、なかなかそれだけの話しで、話しかけても聞いてもらうことは難しい面が有るかと思います。そこで、MSA総合研究所は、この資金についての研究をするシンクタンクとして活動していますが、それ以外に、国内外への社会貢献事業、投資事業を支援するためのNGOを立ち上げることになりました。

NGOとは、非政府組織、すなわち、民間組織でありますが、国際協定に関係なく、民間による経済支援などを行う組織を指します。

いろいろ企業経営者と話をする際には、事業計画書を考えて、提案をしながら本案件を行うように話を勧めています。

また、先日のブログでも記載しましたが、海外の政府関連のコンサルティング会社からも日本政府からの経済支援が思うように進まないので、なにか、別の民間投資をしてもらうことが可能か?という相談がありましたので、それでは、かつては、アジア復興財源などと呼ばれていた資金の延長線上のこの資金を活用して民間企業の経営者に資金を出し、その後、海外インフラ投資事業などに活用できないかと提案を行っています。

そう思っていると、資金不足で実現できていない海外投資案件がいろいろあることがわかってきました。ODAなどの国際援助がほしいが、それが待ちきれず、日本からの支援を諦めている話をよく聞きますので、この資金を活用することでスピード対応が可能になります。しかも返済義務がないのですから、全く怖いもの知らずで海外投資ができるのもこの資金の魅力です。投資受入国も、自国のためになるインフラ投資であるなら、歓迎してもらえるでしょう。いずれにしろ、今後、我々は、NGO組織を強化して、国内外の事業支援を行っていきます。ただ、お金がある。お金の動かし方教えているだけでは、実際に資金を活用する手段がなければ、価値を生みません。そこまでトータルソリューションすることが、我々が作るNGOを組織の役割だと思っています。

本ブログを通じて愛読されいる方は全国に多数いるかと思います。私達の考え方は、この資金についての研究、普及について研究するのは、MSA総合研究所としてのシンクタンクとしての役目であり、同時に国内外への社会貢献事業を実現化させるための組織を立ち上げ、NGO活動をするということです。すでに、大事業に繋がる可能性を秘めた交渉も始めています。夢があれば実現化できる、筆者はそう信じています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク