日本の東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の代表権のある社員に開発援助資金を提供します。

SRP(Sovereign Royal Portfolio)資金本部

SRP資金本部のホームページをご覧いただき有難うございます。当社では、企業育成資金(償還金)を案内しているSRP資金本部になります。SRPとは、(Sovereign Royal Portfolio)の略称になります。SRPは、1944年米国ブレトンウッズ会議の際に、国連を設立することになり、それに従い、第二次世界大戦で荒廃した戦地を復興させるために国際復興開発銀行(世界銀行)及びIMF(国際通貨基金)を設立しました。その際にアジア王族グループから寄付された財源のことをSRPという名称で呼ばれました。SRPの資産は、現在、米国財務省資産として監査されおり、SRPからのODA開発援助プログラムを実施しています。日本の企業育成資金(償還金)もSRPからSBLCプログラムにより資金提供を受けており、日本の東証プライム企業、銀行、信用金庫の企業に所属する代表権者がSRPから開発援助資金に申請することにより、資金調達できるプログラムがあります。現在、SRP資金本部で日本国内の企業育成資金における業務の申請手続を行っております。是非、日本国の経済発展のためにご活用ください。よろしくお願い申し上げます。

動画セミナー 企業育成資金についての解説

企業育成資金について 動画で詳細について説明をしております。

企業育成資金は別名 償還金と言われております。 償還金というのはどのような意味であるか詳細について説明をしておりますので この動画を見れば 企業育成資金 すなわち 償還金の仕組みはほぼ完璧に理解できると思いますので是非ご覧ください。

Line QRコード 登録してください。 WhatsApp QRコード 登録してください。

企業育成資金(償還金)の図解説

企業育成資金の目的は、日本国の担保力を使い、日本国民の代表である主要産業の経営者を対象に資金を提供することで、日本国内におけるマネーサプライを行う行うことが主たる目的です。マネーサプライとは、通貨供給のことであり、日本国外の運用プログラムから資金を調圧して、その運用益を日本市場に投入することで、日本国内の通貨流通量を増やすことを目的にしています。そのための仕組と言えます。現在、日本は多額の借金を抱えていますので、今こそ、マネーサプライを積極的に行い日本の借金問題の解決をすることが重要な課題となります。それを行うには、規制により、だれの名義でも良いということでなく、申請できる人物が限定されていますので、対象となる経営者に対して、説明をして、資金を活用してもらうことが日本国にとってのマネーサプライを実現することになります。これは、借金を伴わない資金として市場に投入されます。

 

マネーサプライについての解説(借金を伴う資金と借金を伴わない資金)

👆音声説明:マネーサプライについて(借金を伴う資金と借金を伴わない資金)について解説しています。

中央銀行 つまり 日本銀行が市場に資金を投入する際は全てが借金の 伴う資金として投入されます。

お金を借りてくれるのが 民間 もしくは 政府となりますが いずれにしても短期 中期 長期 を含め 資金は返済する義務が生じます。

つまり 市場に資金を大量に投入したとしても 資金の償還時期が迫ってくると市場から資金の流通量が減ってしまいます それを補うために借り換えをし 雪だるま式に借金を増やすというのが 中央銀行における資金の流通の仕組みです。

この仕組みを継続的に行えば 民間及び政府の借金がかさみ 結論として その借金を返すことに苦労するようになり 政府や国民の生活が苦しくなると言えます。

その問題を解決するために SRP の外貨運用によって日本国外から資金を導入することによって日本国内のマネ サプライを増やすということを行います。

これは 外貨 収益からの資金の導入となりますので 日本国内で言えば借金を伴わない資金として市場に流通するために 通貨流通量を増やすことが可能となります。現在日本では 金融緩和を行い 日本銀行から多額の資金を発行したために 民間及び政府の借金がかさみ 政府の借金の返済が難しくなり 増税を求められるようになってきています 。このような状況では国民生活が豊かになることはなく 疲弊してしまうという原因がありますのでその問題を解決するには借金を伴わない資金として企業育成資金という名称でマネーサプライを行うこと以外 日本国の借金問題を解決する方法はありませんですから この案件は非常に重要となります。

 

 

中央銀行とSRP開発援助のおける「マネーサプライ」原理

国家における通貨の供給の方法というのは 中央銀行が その国の通貨を発行しておりますので 中央銀行が銀行券を貸し出すことで資金を供給しているというのが一般的な通貨供給の仕組みとなります。

しかし 中央銀行からの資金供給を行うだけであれば これは民間であれ 政府であれ 借入ということになりますので一定期間が過ぎれば必ず返済をするかもしくは 借り換えを行うかどちらかにしなければいけません。この仕組みですと 雪だるま 方式で借金が膨らんでいくことになり 市場経済が発展すればするほど 借金が増えることになります。この問題を是正するために開発援助 プログラムというものが存在しています。

SRP 米国財務省 管理資産からの開発援助 プログラムに関して言えば、 この資金に関しては 資金譲渡をするということで資金の返済を求めていません。 つまり 外国から外貨収入を得たということで 援助国に資金を投入をし 援助国で返済不要の資金として現地通貨で資金が市場に残っていれば これは 市場での預金として資金が保全 されることになります。これは 貿易黒字になったと同じ意味になります。

中央銀行だけではできない 通貨流通量を増やす仕組みとなるわけです。SRP が行う開発援助 プログラムは基本的には 貿易黒字としての扱いとなり 資金提供されることで 援助国としては市場に資金を残すことが可能となります。よってこれは外貨運用を行うことによって収益を得る モデルになっているわけです。

中央銀行とSRPのマネーサプライの意味は?

ブログ・新着情報【企業育成資金・償還金】

SRP 資金本部について

1951年にサンフランシスコ講和条約に調印後、日米安全保障条約が結ばれました。現在における日本における安全保障と国際貢献事業は、日米共同により行われています。

また、日米同盟締結後、米国はMSA法を制定して、米国同盟国である日本などと開発援助資金を寄付する仕組みを構築しました。これが、SRPから提供されるODA開発援助資金の仕組です。1954年当時は、政府の特別会計枠で日米経済援助資金特別会計法によって、資金が提供されていましたが、その後、1968年経済援助資金特別会計法が終了後、日本国に与えれた基金は、日本の基幹産業企業が出てきた場合に限り、そのファンドの担保力を使い米国財務省資産SRPからの開発援助プログラムに参加することができるようになりました。そのために、業務遂行為の資金管理本部を立ち上げて、民間経由でSRPからの開発援助プログラムに参加するための募集を行うようになりました。歴史的には何度か米国側で組織がありましたので、米国側の受け入れ態勢は変わっていますが、日本の資金管理本部は、継続して業務を行っています。SRP資金本部は、資金管理本部の業務を告知することで、日本国内にある約500社の対象企業の顧客に情報をお伝えするアンバサダーの役目として業務を行っております。

SRP 資金本部の設立の趣旨

SRP資金本部は、現在、日本国内に約500社ある企業育成資金の対象企業に対して、できる限りダイレクトに情報を伝達するために、専門の情報サイトを立ち上げました。現在は、企業育成資金の資金管理本部とかかわりのないブローカーがあまりに本案件で活動していることで、業界は、混乱を極めています。今の時代はインターネットによるダイレクトマーケティングの時代ですから、インターネット経由でできる限り、顧客に近いところに情報を届けるために、本サイトを立ち上げて活動しています。当方は、SRP資金本部として、SRPから提供されるODA開発援助資金の日本国内の導入を積極的に行うための広報活動を行っております。ダイレクトに正しい情報を伝達するために、本ホームページをご活用ください。また、実際に申請をしたいという場合は、本サイトからお問い合わせいただければ幸いです。何卒、宜しくお願いいたします。

企業育成資金の仕組

下部の図は、企業育成資金における日本国内での申請業務の流れについて解説しています。申請者が面談を受けてから資金を受け取るまでの流れを簡単に解説図でまとめましたご覧ください。

下の図は、国連設立時に寄付された財源SRP(アジア王族グループからの寄付)財源がどのようにして、現在ODA開発援助として日本の企業育成資金に支払われているかの解説図になります。SRPの寄付財源は、米国財務省にて監査されており、米国国務省によってUCC登録を行い、その後、英国準備銀行にてユーロを発行して、SBLCのプログラムにより日本に送金されています。

企業育成資金の仕組みを理解する上で重要なポイントというのが この財源というのが 米国財務省 資産である SRP から提供されている開発援助 プログラムにおける資金であるということを知ってください。

日本政府の外務省や アメリカ合衆国の国務省 などが政府が主体となって行っている ODA 政府開発援助があります これら とは また別に存在するのが 国連の設立時にアジア 王族 グループから寄付された SRP における財源を用いた開発援助 プログラムになります。

企業育成資金において提供される資金はこれは SRP からの資金となりますので通常の仕組みとは違いますが しかしこれも 米国財務省の監査を経て行っている開発援助 プログラムになりますので 公的な開発援助となります。

日本の場合は 企業育成資金という名称で 日本国内向けの ODA としての募集を資金 本部が行っておりますが これらは全て SRP からの開発援助 プログラムであると断言します。

ただこのプログラムに関しては 日本国内では 中央銀行である日本銀行の送金システムは 活用はしておりますが この業務を行う組織としては 欧米に存在しておりますので 日本国内ではそのような 管理組織を知ることは非常に困難です。

よって多くの金融ブローカーが間違った情報を広めたことで この資金の制度が完全に 都市伝説化しておりまた悪質なブローカーにより事件も発生しましたので 非常に 評判を落としていると言えます。

本ホームページで記載していることはできる限り 日本の皆様に理解していただけるように RP における開発援助 プログラムに関して詳しく説明をしております。是非 ホームページを一読いただき SRP における開発援助 プログラムの世界というものを知ってください。

企業育成資金の申請 条件

企業育成資金の申請条件について説明します。

申請可能 企業

東証 プライム 資本金100億円以上 銀行及び信用金庫の預金高 1500億円以上

上記の条件を満たした企業に所属する 代表権のある社員 日本国籍を有していること

申請時に必要な書面

1本人の名刺

2 会社案内 一部

3身分証明書 パスポート もしくは運転免許証のコピー および 原本

4指定都市銀行の決済用普通預金口座 通帳コピー 及び 原本

5銀行印

ーーーーーー

1から5の 必要な 書面を準備し 東京都港区にある指定 公的 会議室において 面談を実施します。

詳細については事前に確認の方よろしくお願いいたします。

申請費用に関しては一切必要ございません。

資金に関しては先に資金 本部の方から提供いたしますので 一部 持ち帰り 資金として事務所 経費がございますのでその点はご了承ください。

仲介者に関しては 事務所 費用から一部を仲介者の手数料として支払いを行います。

申請者本人が先に経済的負担を要求されることはございません。

全て 主催者である 資金 本部の方が資金を準備しご本人の口座に入金いたします。

基本的には 面談 終了後 必要書類を提出していただければ 5000億円の資金提供を先に行い その事実を確認していただきます。

その後 本契約で必要な書面を用意していただき 提出していただければ火曜日 水曜日 木曜日で残りの残金を入金いたします。

入金のスケジュールや 本契約のスケジュールに関しては初回面談時に担当官が説明をいたしますのでその指示に従ってください。

過去にこの手の案件に参加しようと思い 複数のブローカーと接点を持っている方は 申請は受け付けられない場合があります。

極秘で少人数で 案件をスムーズに終わらすことが目的です 複数の方が このことを行っているということを知れば大きな問題が生じますので 絶対秘密保持ができ 最初から最後まで資金 本部の指示に従えることが この案件に参加する最低限の条件となります。

過去の実例では面談後にブローカー等にそそのかされ 情報が漏洩し資金が受けられなくなった 申請者も過去にございますので 秘密厳守で必ず 資金 本部の指示に従い 連絡は怠らない。 または 何か問題があれば必ず報告するという スタンスを守っていただけないのならば 本案件には参加しないでください 。また複数の方とご相談するようなことは行わないでください 必ず 情報が拡散され 東京都内の償還ブローカーと言われている多くの方々が真実を知ることになり 非常に苦労される結果になります。

MSA協定とは?

企業育成資金の基本的ルールになっている法令は、1954年に日米間で結ばれた相互安全保障法が関係しています。日米相互防衛援助協定と呼ばれています。

□第5条資金についての解説、(これは、政府と分離して保管すると明記しており、第三者から影響受けない独立した資金になります)
□この資金については、国連に登録された条約ということになり、簿外資金に対する管理、資金の活用方法については、国連に登録されたルールに従って資金を活用するようになっています。

□この条約は、国連に登録された国際条約になります。 99年間の期限(2053年まで)

米国(米軍)管理している日本の平和維持資金(産業支援制度)について

資金の保管について書かれています。

特権である(免税、免責、免訴、)についての記述

下記のURLから全文がダウンロードできます。↓↓↓

https://kokkai.ndl.go.jp/minutes/api/v1/detailPDF/img/101903968X01519540312

長期管理権委譲渡資金について説明(償還金:企業育成資金)

日本平和条約及びその他の太平洋安全保障条約

戦後日本の歴史を知る上で非常に重要なルールが書かれています。産業支援制度について、共産化を防ぐために、行われた計画、日本がなぜ日米安保を結んだのか?など結構明確に説明しています。⇓⇓

 

 

↓↓↓ ダウンロードできます。これ読めば今の日本の安全保障でこのような仕組みになったか理解できます。

1952年日本平和条約及び太平洋安全保障条約 英文資料

MSA総合研究所 資金本部 ツイッター

SRP 資金本部

■SRP 資金本部について

1944年 米国 ブレトンウッズ会議において 国連を設立し そして 第二次世界大戦で 荒廃した戦地の復興させるために国際復興開発銀行 今の世界銀行及び IMF を設立した歴史があります。その際に 財源として アジア 王族 グループの寄付による資産が活用されました。その資産の名称は SRP ソブリン ロイヤル ポートフォリオ と呼ばれています。

SRP 資金 本部の SRP の名称については アジア 王族 グループから寄付された財源を活用した ODA 開発援助 プログラムに関する業務を案内する本部として ホームページを開設いたしました。

現在 SRP における開発援助 プログラムは 米国財務省の監査により行われており その業務はメテ 財団 グループによって行われています。

SRP の資産というものは 米国財務省が監査はしておりますが これは 国連 設立時にアジア 王族 グループから寄付された財源でありますので 米国政府の所有物ではございません。予定 米国政府は 監査はしておりますが 業務に関しては 米国政府が直接行うのではなく 現在 国際的 非営利団体である メテ財団 グループが行っております。

日本における企業育成資金に関してもこの SRP からの資金提供を受ける プログラムになっており 申請は スタンバイ LC における開発援助 プログラムから資金を調達しており この資金自身は日本国内の財源を利用しているものではなく全て 米国財務省が監査している SRP から提供されているものです。

現在 日本の企業育成資金で申請できる対象は 東証 プライム 資本金100億円以上 銀行及び信用金庫の預金高 1500億円以上の代表権のある社員 日本国籍を有するものとなっております。

これはスタンバイ LC のプログラムから開発援助 資金を調達する仕組みで企業育成資金の財源を確保しておりますが それを行う際には日本国の担保力を活用させていただきますので 日本国民であるということに限定されます。

このようなルールによって常に企業育成資金は継続的に募集をしております。募集は 暦通りで年中行われておりますので 資金調達を希望する企業代表者の方は 直接等 ホームページより お問い合わせください。

※仲介者を経由して行う場合でも結構ですがその場合は複数の 仲介者を経由して行われているような案件はお断りする場合があります。

※SRP 資金 本部では企業育成資金に関するお問い合わせ また 無料相談を随時実施しておりますのでホームページに記載している電話番号 E メール もしくは LINE や ワッツアップの QR コードから登録し お問い合わせください。SRP 開発援助資金を取り扱う 公式メンバーよりご質問に対して回答いたします。

■お問合せ先:ご気軽にお問い合わせください。
連絡先 QRコード
SRP資金本部 MSA総合研究所 共通LINE QR
TEL
03-6820-0086
TEL 070-8401-7928(AM10-PM8)

 

PAGETOP
Copyright © SRP 資金本部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.